昼下がりのワイン会

2018年10月24日、第5回目となるワイン会が開催されました。

今回は南アフリカワイン

次回は、11月28日(水)、13時から。ボジョレーの予定です。


2018年9月26日、第4回目となるワイン会が開催されました。

今回はチリワイン

左1:シャルドネ ヴァレ・カサブランカ

左2:カルメネール レゼルヴァ

左3:ピノノワール カサブランカ・ヴァレー

右   :講師加賀屋さんからのサプライズ プレゼント、カリフォルニアのボーグル ファントム

第4回目のワイン会。リピーターが多い中、今回は新しいお仲間さんが増えました!とても嬉しいです。

チリワインは、近所のコンビニやスーパーでも気軽に買える、とても親しみやすく、飲みやすい印象。しかしながら、チリの生産者さんだってきっと頑張って、美味しく、世界基準のワイン造りに励んでいらっしゃる!今回のワインも素晴らしく美味しい!

写真左2の赤ワインは「カルメネール」というブドウ品種。20年前まで「メルロー」と勘違いされていた品種です。ワインの色は深い赤、非常に濃厚、スモーキーで香ばしい香りも。お肉料理やビターチョコにも合いそうなあじわい。参加者様の多くが、「今日の一番」と推していました。

チリワインと同じように暖かい地域で作られたワインを飲み比べようと、加賀屋さんからのサプライズプレゼント。カリフォルニアのボーグル ファントム(写真右)こちらも濃厚でスパイシーでおいしゅうございました。

 

『プティ・オードブル』は『キノコのポタージュ、鴨肉入り、モカの香り』『生ハム 洋ナシ添え』『イサキのカルパッチョとピレーネのスライス』などなど

次回は、10月24日(水)、13時から。南アフリカワインです♪


2018年8月22日、第3回目となるワイン会が開催されました。

今回はスペイン・ワイン。

左:SAKURAアワード金賞 ラッチ・デ・ライム

中:熟したベリーの香り、シルキーな骨格 マルケス・デ・グリニョン

右:オーガニック・ワイン オノロ・ベラ

第3回目のワイン会も、酷暑の中お集り頂いた皆様、誠にありがとうございました。

ワイン生産量、世界第3位のスパニッシュ・ワイン。

力強いイメージでしたが、さすがに奥が深い!お料理と寄り添うように、優しいものやシルキーで余韻を楽しめるもの。

3回目ともなると、皆様リラックスしつつ、積極性が増しているご様子。講師の加賀屋さんにも質問をたくさん、投げかけていました。 ちょっとしたマナーについて、高級ワインが高級な理由、ソムリエって何をする人?

『プティ・オードブル』は、『鮮魚のカルパッチョ、梨を添えて』『合鴨の燻製』『ムール貝のアンチョビ炒め』などなど

次回は、9月26日(水)、13時からです。


2018年7月25日、第2回目となるワイン会が開催されました。

今回はイタリアン・ワイン。

軽快な白、ソアヴェ。

コストパフォーマンス抜群の、

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ(右)

世界中で愛されている、

キャンティ・クラシコ(左)

第2回目のワイン会は、11名様がご参加(前回のほぼ2倍!)

初めての方も、2回目の方も皆様ニコニコ楽しんでいらっしゃいました。

お話は、イタリアン・ワインのことから、ワイングラスのこと、お食事との合わせ方など、多岐に盛り上がり、加賀屋さんへの質問も白熱しておりました。

オードブルの盛り合わせは、『冷製のカッペリーニ、カラスミ添え』や『シャドークィーンのニョッキ、ゴルゴンゾーラ・ソース』などなど

 

次回は、8月22日(水)13時からです!


2018年6月27日、第1回ワイン会が開催されました。

当店の奥のスペースで、通常ランチとは違う雰囲気でお出迎え。

加賀屋さんの気さくな人柄と楽しいお話で、参加された皆様はくつろいでいただけたご様子。

 

今回は南フランスの、ロゼ・白・赤ワイン。どれもコストパフォーマンス抜群の品揃え。

加賀屋さんのお話は、ロゼワインの作り方とか、 ワインをプレゼントする時の注意点とか、 高級ワインから身近なコンビニのワインの話まで多岐に渡って面白かったです。

 

後半には、皆さんでソムリエナイフを使ったコルク抜栓の練習もしました。

 

お料理の写真も載せておきます。これが、『おんふらんすのプティ・オードブル』です!